種類と特徴

女性

失礼にならない服装を

ブラックフォーマルとは、主に弔事のときに着用するフォーマルウェアのことをさします。男性は慶弔でそこまで差がないことが多いのですが、女性は大きく異なります。そのためブラックフォーマルという言葉は主に女性の服で使われる言葉ともいえます。ブラックフォーマルは大きく分けて三種類あります。正喪服、準喪服、略喪服がその種類です。正喪服は最も格式が高いブラックフォーマルです。喪主や親族など、故人に近い関係性の人が着用します。形はシンプルなワンピースかアンサンブルで、装飾はありません。襟口はつまっていて、スカートの丈は膝より長めです。無地が正式ですが、最近はジョーゼットなどで変化をつけることもあります。準喪服は正喪服に準じるブラックフォーマルです。参列者が着用するもので、通夜や一周忌の法要などたいていの場で着用できます。正喪服と同様黒が貴重で長め丈のスカート、露出の少ないワンピースやアンサンブルが基本ですが、多少デザインに変化を出すこともできます。部分的には多少の装飾をすることもOKとされています。略喪服は最も簡易的なフォーマルウェアです。急な弔問や三回忌以降の法要などで着用されます。近年増えているお別れの会など、堅苦しくない弔事にも着用されます。パンツスタイルなどもOKで、黒が基調であればたいていOKで、グレーなども派手でなければ許容範囲内です。こうした違いがあるので、場にふさわしい格好を意識して着用する必要があります。

Copyright© 2018 ワイドパンツでオシャレしよう!体型に合った一着を選ぶコツ All Rights Reserved.